風義ブログBLOG

2007.11.21
山義塾リポート

山義塾〜墨付け・刻み〜

今年一番の冷え込みの中行われました「山義塾」。
今回の山義塾は大工さんが一番輝く‘刻み‘の作業見学です。
まず、先日伐採された杉の原木で‘木取り‘の説明から。
IMG_2328.jpg
IMG_2340.jpg
‘木取り‘とは、1本の丸太から、無駄なくイイ製品を採材するか、どんな部材を丸太のどの場所から採材すればイイかを決めること。一本の丸太の中心からは柱や梁を、丸太周辺からは下地材や造作材(障子やドア)を取るのがセオリーです。
樹齢120年位。(オーラあふれてます。)
IMG_2343.jpgIMG_2342.jpg
続きましては床板の乾燥の様子。
IMG_2332.jpg
今年から標準仕様にしました45㍉厚床板です。山義のお客様から「合板やベニヤはつかわないで!」との悲鳴(笑)もありまして採用に踏み切りました。45㍉厚床板は住宅業界では極めて珍しいらしく東京から業界紙が本日取材に来るそうですが、遅刻?らしくまだ到着していません。(笑)それほど魅力的なんでしょうね〜。
素足が気持ちいいとの評判ですもの。
IMG_2347.jpg
でもでも、
製材したばかりの木材は水分が多くそのまま使えば隙間やゆがみでクレームになりかねません。
そこで、山義では天日で自然乾燥を進めています。
自然乾燥のメリットは風雨にさらされ木材内の渋みがヌケ、カンナかけすると非常にイイツヤが出ます。人工乾燥と違いコストもタダ!が何よりですね。特に杉材は初期段階で多くの水分を含んでいます。
今日の段階で70%前後。18%前後まで乾燥させたいですね。
IMG_2345.jpg
同じ木材でも個人差?がありますので最後は含水率テスターで再確認。
乾燥前(加工前)と乾燥後(加工後)の重さや質感も感じて頂けたかと思います。
お次は新人大工さんによる杉丸太の皮むき作業をご紹介。
IMG_2360.jpg
ヘラなどを使い皮を剥くんじゃないのと思っていた方もいたかと思いますが山義ではエンジン付高圧洗浄機でむきます。厚皮は手でむけるのですが薄皮は水圧でないとシブが残り乾燥後きれいな表情になりません。
余談ですがみがき丸太の加工を昔は塩をコンパウンドの代わりにしてみがいたそうです。その手間ヒマから「手塩にかける」という言葉が生まれたそうな!世の中の物がギリギリのガリガリで作られている日本でもう一度考えてみる必要がありそうですね。
(この丸太の仕上がりは完成見学会やOB宅見学会でご覧になれますよ。)
続きます〜。

2007.11.16
山義塾リポート

山義塾〜断熱材工場見学その3〜

IMG_1854.jpg
IMG_1848.jpg
参加いただいたお子様たちも楽しく過ごせた?かな〜と思います。
セルロースファイバーの原料となるダンボール紙をパズル代わりに遊んでいます。
子どもは遊びの天才ですね。
IMG_1868.jpgIMG_1873.jpg
工場見学の最後は施工の様子をご覧いただきました。
粉砕機にセルロースファイバーを投げ込みホースで壁にブローイング(吹き込み)します。電気のコンセントや換気扇パイプ周りのスキマを埋めるには右に出るものはありませんよね。
IMG_1889.jpgIMG_1890.jpg
IMG_1878.jpg
某住宅営業さんが嫉妬(笑)するセルロースファイバーが持つ性能を体感できたかと思います。沈下性や施工性などの住宅性能の?(ナゼ)は自分の目で確かめるのが一番ですものね。
IMG_1895.jpg
吹き込みが終わった所で記念写真。
IMG_1907.jpgIMG_1908.jpg
最後はエコライフのみなさんと共にランチをいただきました。
(ちなみに私は酢豚定食を注文しました。)
IMG_1899.jpg
次回山義塾もお楽しみに。

2007.11.10
山義標準仕様

LOW-Eペアガラス

最近、気がつきました。
窓ガラスの断熱性能を現すステッカーが変わったんですね〜。
IMG_1479.jpg
山義の標準仕様でありますLow-Eガラスとはなんでしょうか?
Low-Eガラスとは板ガラスの表面に特殊金属膜をコーティングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反射率を高めています。このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現させます。外観からみますとガラスに色が付いているようですがそういう訳ではなく、Low-E膜の回数によって色が変化するそうです。私はグリーン色の旭硝子社製のものを好んで使用しています。
旭硝子社製http://www.agc.co.jp/company/01.htmlのものは性能はもちろんですが室内からのヌケ(景色が良く見える)がとてもきれいなんですよね〜。しかし、たとえLow-Eガラスと言っても普通ガラスより性能がイイということであって壁の性能と比べますと断熱材の入っていない外壁と同等の断熱性能なのです。(断熱ガラスという表現が間違っているかも?しれませんね。)
ですから冬季対策としてはカーテンや建具、夏季対策としてはすだれやルバーなどの効果がほしいところです。また、方角(東西南北)によっては室内or室外のどちらかにLow−Eを採用することにより効果はずいぶん違いますよ。
IMG_1484.jpg
Low-EとはLow Emissivityの略で低放射を意味します。

2007.11.06
山義塾リポート

山義塾〜断熱材工場見学その2〜

工場見学です。
IMG_1829.jpg
IMG_1831.jpg
原料には天然木質素材を主原料としたダンボールをリサイクルして使用しています。
木質素材(ダンボール)は木の家との愛称もGOOD。
IMG_1839.jpgIMG_1841.jpg
ベルトコンベアのような装置で粉砕装置に運ばれホッパーの中でほう素系薬品と調合されます。ほう素が防燃、防虫、防カビ機能を手助けしてくれるそうです。
薬品というとなんだか抵抗ありますが、人畜無害ということだからさらにGOOD。
IMG_1844.jpgIMG_1857.jpg
IMG_1858.jpgIMG_1862.jpg
粉砕して繊維化されたものが正味15キログラムの袋詰めで出荷されるようです。出荷前には検品を行います。
昨日もTVで建築建材偽装事件がやってました。最近、なんなんでしょうね。
雑誌やインターネットなどによって情報を収集はできてもその情報が‘本物か‘は確かめる必要があるかもしれませんね。特に家となればなおさらのこと。(山義塾の根っこの部分です。)
次回完結です〜。

2007.11.05
山義塾リポート

山義塾〜断熱材工場見学その1〜

AM9:00に山義を出発。
休憩を取りながら無事到着しました。
工場ではエコライフさん
http://www.ecolife-ht.co.jp/の従業員の方が笑顔でおえしてくれました。
IMG_1823.jpg
   
エコライフ社長の相馬さん。儲かってそ〜な感じです。(笑)
会社を立ち上げた頃の話から始まり最近の活動内容聞きました。
平成19年に行われたユニバーサルデザインではなんと最優秀賞である『県知事賞』を。
うらやましいです〜。
IMG_1820.jpg
IMG_1814.jpg
わが国の建築用断熱材の歴史から現在の原油高による生産コストの説明を資料をいただき勉強しました。セルロースファイバーの歴史は1978〜だそうです。まずまずの実績ですね。
セルロースファイバーの性能の紹介では、、、
■断熱性
■防音性
■耐火性
■防カビ性
■耐水性
の説明がありました。
実験ではセルロースファイバーを燃やしてみたり、チカン防止用のベル(爆音!)で防音性を体感しました。
IMG_1812.jpgIMG_1811.jpg
工場見学に続く。

2007.10.30
風義について

地盤改良工事

『根曲がり梁』〜会津中央の家〜地盤改良工事の様子です。
IMG_1465.jpg
先日おこなわれた地盤調査の結果が思わしくなく改良工事の実施に。
杭の位置と高などを図面作成。お願いした位置になっているか確認に。
使用するセメントの量は10トン程度で2日間の工事で完了の予定。
IMG_1464.jpgIMG_1466.jpg
山義でお願いしているの基礎工事業者さんの話によると小学生の頃(40年位前)現場周辺は田んぼだったらしくよくドジョウとりをして遊んでいたとか(笑)
義務化となった地質調査。
会津は全般的に軟弱地盤が多いのではないかと思われます。建築ご予算にはぜひ地盤改良工事費用を見込んで資金計画をなされたほうがイイかもしれません。思わぬ出費ですものね。
IMG_1468.jpg

2007.10.26
風義について

『junzo yoshimura』その3

IMG_1255.jpg
なぜ、こんな感覚を受けるのか?
あれから1週間。あの感覚は記憶に生々しく残る…
建築のもつ力、包容力を感じるとは裏腹に興奮したあの時。段々整理ができました。それは奇抜なデザインなどではなく『そっとした美しさ』さりげない美しさが感覚を揺さぶるのでしょう。
山を染める紅葉。月明かり、沈む夕日、流れる小川、雪や薪の炎…
その時気が付かないものでも、あとで美しいと気づく風景ってありますよね。
山荘の美しさはトビッキリの美しさの逆説なのではないでしょうか。
IMG_1270.jpg
ここに、吉村建築の魅力があるのでは。奇抜な造形はなく、手に入りにくい材料は使わずに当たり前につくる。その空間でどのような生活を楽しむのか想像力を膨らましたときパッと見、個性的とはいえないデザインにゆるぎない意思と圧倒的な個性を感じたんだと思います。朝起きてから寝るまで寒さや暑さも自然の恵みと感じさせる深さがあるのでは。
日々の暮らしを喜びや愉しみを何気なく感じさせかつ緊張させないここに吉村順三の建築の魅力があるのかもしれません。(ちなみに参加者の内半分は素人の方々が。また、6割は女性。)本質に相応したものを創るとすれば、建築は特別でわざとらしいものであってはならないのでしょうね。
自身、まだまだです。
IMG_1289.jpgIMG_1290.jpgIMG_1292.jpg
アトリエの様子です。

2007.10.25
風義について

『junzo yoshimura』その2

前日の軽井沢とはまったく違った表情です。
天気もイイし。(よかった。よかった。)
IMG_1206.jpgIMG_1191.jpg
ちょっと遅めの朝食。
子どもたちとも遊ぶ時間ができました。
IMG_1233.jpg
建築ワークショップはPM1:00から。
藤森氏(建築家)+馬場氏(建築情報システム研究所代表)のゲストトーク後吉村建築の参拝。樹々の間から、陽だまりがこぼれる感じがイメージを増幅させるのか、考えていた感覚をアッサリと超えてる。
IMG_1226.jpg
なぜ、こんな感覚を受けるのか?
私には『吉村建築』を理解する知識も体験もまだ不足しているのだが。
もっと奇妙なことがある。山荘や暖炉、景色もすべてがはじめてなのに身近に感じていた感触。懐かしい感じさえします。(建築雑誌で見入っていましたが、でもでも。)

2007.10.20
風義について

『junzo yoshimura』その1

軽井沢に来ました。
あす、吉村順三氏設計アトリエ山荘を参拝(笑)に参ります。
旧軽井沢に建つ脇田美術館。館に隣接する脇田和のアトリエ山荘は、日本モダニズム建築の最盛期1970年に脇田和の友人である吉村順三氏の設計により建てられました。http://www.wakita-museum.com/event/work_vol4/index.html
霧があるから、軽井沢は美しい。
幻想的で、
どこかしらミステリアス・・・・。
意思を持っているかのように
変幻自在な霧は
軽井沢の風景に良く似合う。
と地元の雑誌にありました軽井沢の霧には正直、動揺しました。
(だって、霧で運転できないんですもの。)
霧とは大気が低下することによって、空気中に含まれた水分が凝固する現象のこと。視界が1キロメートル未満のものが霧で、それ以上のものが靄(モヤ)と定義されている。軽井沢での霧の発生率は年間100日を越えるというから、いかに軽井沢に霧が多いかよくわかります。
IMG_4261.jpg
霧はそういった科学的側面だけで割り切れなく幻想的な気分を運んでくれる。一度通った道が見知らぬ道えと様変わりする不安感。一種の恐怖感にも似た感覚が数多くのミステリー小説を生んだのだろう。
年代は色々でも、霧に包まれた軽井沢の風景は、いつも変わらぬミステリアスな謎包みこんだまま、気まぐれに現れては、消えていく。
しかし、我々が創るものは霧のように現れては消えていくようなものではあってならい。そう、吉村建築のように佇む建築を遺していきたいものですね。
IMG_1163.jpg

2007.10.19
風義について

風義について

風義ブログとありますが、
さて、風義(フウギ)とはいかなるものか・・・。
かつて会津藩の家訓(カキン)にも掲げられたこの言葉は、
道理を通し、信義を重んずること
を意味します。会津の風土は、純粋で頑な会津の人たちの精神が培ってきたのです。
『風義』はまさに、会津の文化そのものだと思います。私たちは住まいづくりの中に、常に新しい感性を取り入れながらも、会津人の精神を伝えることを忘れていません。いつの時代も本物だけは行き続けると信じているからです。
風義.jpg
半紙一枚に書かれた『風義』の文字。大デザイナーさんに頂いて4年になりました。
『風義』とはいかなるものなのか・・・。
『風義』とは尊いもの。
『風義』とは信じるもの。
『風義』とは苦しいもの。
『風義』とは・・・。

『風義』をある人は’お化け’といい、ある人は’難解’だと。
私自身、『風義』に出会ったころは’カッコイイね’ってな感じでおりましたが月日が経つたびに思いは変わり会津の’風土・文化’を意識し始め進むものの、次第にそれがやがて肩荷になり’消してしまい’こともありました。
『専務のご苦労もお察しいたします。でも本当に無駄ではないと感じますよ将来の為には・・投資と考えれば風義・・ですよねやっぱり。
道理を通す・・・家はこうあるべき という姿勢が50。
信義を重んずる・・・施主様の気持ち、思いを聞き入れ、それを道理に元づきしっかりと形づくるが50。
それで100の会津山義。
いまさら精神論のようなことを申し上げるわけではないのですが、
このバランスが崩れなければ、大丈夫なのではないかとあらためて感じます。
とりとめのない話しですみませんでした。』
お恥ずかしい話ですが、半紙に書かれた『風義』のたった2文字がこんなにも心の支えになるのかとは当時、夢にすら思いませんでした。
私どもが創るものは家です。
家は『資産』です。
お客様の資産でもあり、われわれの資産でもあります。
資産を増やすにはどうするか。負債を作らないためにもどうするか。
私は毎日考えています。毎日反省もしております。
これからもずっとずっと続くことでしょう。
『風義』はこんな迷える私の心をスッキリとさせる魔法の言葉かもしれません・・・。

«...55565758...»

Entry

Category

Archive