風義ブログBLOG

2019.04.22

どちらも大事。

会津若松市門田飯寺の家、断熱工事の様子です。会津山義ではすっかりお馴染みになりました「セルロース・ファイバー」断熱吹込み工事の様子です。

ハイ・サームとは商品名。中身はダンボール紙を粉砕したセルロース・ファイバー断熱材。

写真右手にある赤色の機械が断熱材のミキシング機。

ミキシング機上部に断熱材を投入。

トラックの荷台に設けたミキシング機の上部に圧縮袋に詰め込んだセルロース・ファイバーを投入。ここで断熱材をふわふわの状態に戻し、ミキシング機に併設されるコンプレッサーから生まれる圧力風を利用して、ダクトノズルを通過。最終的には壁部や天井部へと断熱材を吹込みます。今回の仕様は壁厚120ミリ天井厚400ミリのいつものヤマヨシ仕様です。先日住宅検査員と現場で雑談した際、県内一施工している大手ハウスメーカーでも天井部は240ミリだと驚いていました。つまり、2倍弱の天井部の断熱厚みに対し、そこまで厚くする必要があるのかどうかといったことだろうと推測します。当然ながら最良の温熱環境を実現するためにあれやこれや計算式を持ちだして計画するわけですが、数字・理論では基準を達して・超えていてもこれが『体感』とイコールではないことが少なくありません。

白色のシートは不織布。所々にカッターナイフで切り込みを入れ、そこからブワッと断熱材を吹込みます。

吹き込んだ後、専用テープでペタペタと吹込み穴をふさいでいきます。写真上部の緑色のシートは断熱吹込み工事完了後におこなう気密工事の気密シート。

不織布が貼られているため中身は見えませんが、ギッチリと吹き込まれているようです。

「計算していますから!!」なんて暑苦しく語る建築士・設計者、みてきましたが、でもね実際に暑かったり、寒かったり、電気代が嵩むようではしょうがないから。こうした温熱計算以外にも、計算上の話と実際の話が乖離することは他にも多々あります。だから私は計算していることをあまりにも語る人とは距離を置いています。

現場近くで咲いていたスイセン。すごくキレイだけど、毒があるんだよねコレ。

 

 

2019.04.20

「なぜ家を建てるのですか?」

こんにちは、今日は4月20日土曜日。会社は営業中ですが、明日の代休で本日はお休みをいただき、おうちの窓ガラス磨きをすることにしました窓ガラスにシューッとガラスクリーナーを吹きかけ、しばらく放置。そのあと乾いた布でバッバッと仕上げます。「窓大きくしすぎたな・・・。」と自己反省しつつお掃除を淡々とこなし午前中終了です。

手前に見える人物はスマホゲームに夢中の高2長男。小さい頃は率先してお手伝いをしてくれました。しかし、今ではコレ。こんな感じ。オンラインで仲間とつながってプレイしているようで、ごちゃごちゃ言いながらまえのめりになってスマホゲームやっています。

図体も態度もデカくなって。邪魔だから早く外で遊んでこい!!

草むしり担当のママさんはお疲れのようなので、本日の夕飯は私が請負ましょうか。予算はひとり500円強でしたが、チョットオーバーしちゃった。新たな調味料買ったからな・・・。

只今の時刻は17:00ジャスト。土曜のちょうどいい時間帯、冷凍庫でキンキンに冷えたカティーサークをキツめの炭酸と氷で仕上げたハイボール片手にはじめましょう。

お野菜を主に串に刺してた今晩のお料理は・・・

串かつでした。

長女にメニュー表をこしらえてもらい二女にはイラストを描いてもらいました。

二女の生み出した「おじハン」我が家の娘たちは共に左利き。おじハンも左利きなのかなジョッキを持つ手は左手です。面白いですね。

デザイン・企画ともスゴイ才能だよね。

ふむふむ、親バカではなくホントにそう感じます。

日も沈み、そろそろ開店しましょうか「串かつ のんちゃん」

「本日のおすすめは♪」

「はい、よろこんで🎶」

なんてやりながらスタートです〜。

いっきに揚げず、注文が入ってから揚げたてをご提供。

つけダレは甘辛く仕上げてみました。

1本、2本、3本っと・・・、たくさん売れましたね。

住宅ローンの返済金額ばっかり気にせずに、せっかくお家を手に入れたのだから、みなさんも楽しみましょうよ。もちろんこれから家をつくる人も。

2019.04.19

森羅万象(しんらばんしょう)

昨日は、東北大学大学院博士課程の秋期入学志願者として2019春の研究発表会に参加させていただきました。開催時間は9:30から17:00まで。学部生さんからはじまり、修士博士課程の院生、研究員、教授、准教授の順で各自30分前後の時間が与えられそれぞれ自由な作法を用いて各々の興味関心ごとについて述べられました。まだ入学前の立場である私の順番は最後から3番目。発表内容は3月に新潟大学大学院の修士発表内容をところどろこ手直したものを前半でご案内して、後半は博士課程で挑みたい研究テーマ・研究方法・理論枠組みや、不安な所、わからない所などを素直な気持ちで簡素に述べさせていただきました。持ち時間を4分弱オーバーしてしまいましたが、現段階での私の知識や動機の程度はお伝えできたかと自負しています。こうしたプレゼンテーション、毎度毎回ですが終わってから「あァ〜っ、これ話すの忘れてた!!」っていうのがあって。今日もありました。

これまでご指導いただいた新潟大学の西口先生、内田先生のおかげです。思った以上に丁寧な発表ができたなと自己をふりかえりつつ、会津の帰路に向かいました。

2019.04.18

春だから。

我が家の女子たち、自宅の模様替えを先週末からしていました。

長女のピアノはお部屋の中央に。

このピアノ、珍しいででしょ。赤い色したピアノ。作者は、な・なんと、アントニン・レーモンド前川國男吉村順三ジョージ・ナカジマなどトップレベルの建築家のお師匠さまです。

1970年初期に製造されたピアノのため探すのに一苦労でした。3年前後は探したかな。

後日この辺りのエピソードをブログでみなさんにご紹介させていただきます。

ママの工房は窓際へと模様。現在は末っ子ちゃんが自学中(自習学習)です。

 

お部屋の模様替えが落ち着いたら、みなさん冷やかしに来てくださいね(笑)

 

 

2019.04.16

1週間前。

新期・新学期が始まり1週間がたちました。目標や計画など掲げたみなさん、いかがでしょう。実行・実施していますか?

今期こそは!!っとお考えの方は今一度ここら辺で箍(たが)を締め直してみてはいかがでしょう。3日坊主も4日続けば続けられるものです。

自宅中庭のアオキ、フキノトウのような新芽です。

自宅中庭のイロハモミジ、今年はアブラムシはまだいません。

自宅東庭のアオダモ、大きなツボミが特徴的です。

自宅東庭のユキヤナギ、小さな白い花がかわいいやつです。

自宅東庭のイロハモミジ、この庭の主役です。

自宅東庭のシャクナゲ、義理パパからの贈り物。

自宅東庭の???、なんだったっけ。

 

 

2019.04.15

いくらなんでも。

門田飯寺の家です。北面より所々から杉板の外壁工事がはじまっています。この外壁工事では3つの難関があります。1つは土台部の一枚目を張るとき。1つは出隅角の切断。1つは外壁材と屋根裏板材との取り合い。以上の3点に時間と手間がかかります。簡単に言っちゃうと面倒な部分だということ。

ん、板厚、超厚いんだけど!!

ちょっとちょっと!!

30ミリ超って、どんだけ〜♪

外壁板の概念、超越しちゃっているじゃない。

まぼろし〜♪

これ、ウラの現場だから大工さん見栄はちゃったね。

オレは知〜らない(笑)

2019.04.14

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

今朝10:00より郡山市にありますクリナップにて西田の家のご家族と合流です。

みさんさん元気かな♪

一般道・国道49号線を利用して現地に向かいます。

残り物のお野菜とウインナーをサイコロ状にカットしてトマトケチャップとほんだしでコトコトやって、そこに残り物のショートパスタも合流。うむうむ、味、薄いかも。そうかそうしたら、赤唐辛子をハサミでジョキジョキしてポイッとやり、粗塩もレッドペッパー・チリペッパーもちょっちょっと入れて完成じゃ!!ショートパスタを早めに合流したのは正解。トロミが出ていい感じであります。

 

レッチリ聴いての朝食、一人でモグモグしてさあ出発。

 

2019.04.12

サラサラ、パッパッ。

義理パパよりいただきました「はま寿司」のマグロ握り。昨晩のわたしの体調は思うようではなく食べ切れなかったのでお茶漬けで頂くことに。濃いめの深煎り緑茶と刻みのり、白ごまをパラパラとかけ、サラサラパッパッと口に駆け込み、ゼミに参加するため仙台に向かいます!!

お茶漬け、あっさりしていたから道中、早弁するかもしれん。

次週予定される研究発表の内容を確認。その後は先生とゼミ生で榴岡公園に花見に向かいました。中学生かな、キャッキャと大勢いました。(前からなんだけど、都会の学生さんを見るとなんだか賢く見えるんだよね。)

すごい枝ぶりの桜木。

私たちが暮らす雪国ではこうした枝は積雪で折れてしまうので、このスタイルに出会うことは多くはありません。

最後に公園内にある歴史民族資料館を訪れました。先生のおごりです。現存する宮城県内最古の洋風木造建築。特別展として「コメどころ仙台」と題したイベントが開催されていました。

みんなに言っておくけども、遊んでいるんじゃないからね。

 

2019.04.11

うげぇ〜っ

今週は月火水と3日間(も)税務調査のため監禁状態、指摘事項はなく最終日を迎えることができました。

でも疲れた・・・。

疲れがとれないまま本日14:00より電気工事業者さんと現場確認を行ってきました。郡山市・西田の家です。確認後変更などなければ次工程でありますセルロース・ファイバー断熱の吹き込み工事へと移ります。

今日はこれにて終了であります。今晩は長湯でゆったりさせていただきます。みなさまお疲れさまでした!!!

 

2019.04.10

棚からひとつかみ。

本日の棚からひとつかみは、西川祐子さんの『住まいと家族をめぐる物語』集英社。

 

 

この書籍は新潟大学大学院修学の際、シラバスを検索し自主的に参加させていただいた社会学の講義で引用されていた書籍です。この講義はわたしが人生で初めて出会った社会学者・内田健先生との出会いでもありました。

論文らしくない変な題だと揶揄された、「男の家、女の家、性別のない部屋」という初題の論文を書いた西川さん。のちに「近代家族と国家と家族モデル 日本型近代家族の場合 」という論考の後半部分となり、『近代国家と家族モデル』という論文集も2000年に出版しました。しかし、初題に愛着があった西川さんは心残り・愛着もあり、ぜひその題名にふさわしい本をつくりたいとのことから書き下ろしがおこなわれたと述べています。

 

 

以下に一部を表記してみますね。

「リビングのある家」/「ワンルーム」の二重構造モデルが成立すると、次の変化が予想された。「リビングのある家」では、リビングルームの団らんがなかなか成立しないままに家族の個人化が進んだ。父親の残業、子どもの塾通いで家族が住まいに滞在する時間が減るのだから、主婦が奮闘しても一家団らんの時間はとれない。共食の習慣はすたれ、当然、個食化が進む。それが子どもの非行、閉じこもり、拒食などの病的現象の原因だ、母親の責任だ、という批判の声があがった。歴史学や人類学は、日に二度三度、家族が食卓を囲むという文化は限られた時代、限られた地域の文化であることを教えているのだが。現代日本の母親は、母親業は怠ったとも、やり過ぎたとも非難される損な役割だと感じていることだろう。父親は父親で、家族のためにこれだけ働いて、書斎もない自分は何だ、と忿懣(ふんまん)やるかたない。

引用文献 西川祐子(2004)『住まいと家族をめぐる物語』集英社 178.

 

 

内田先生から紹介された書籍の数々、わたしが受けた影響は計り知れません。

1234...»

Entry

Category

Archive