風義ブログBLOG

2019.02.22

あけましておめでとうございます。

2ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

えー、その間何をやっていたのかといいますと、当然ですが建築士としてお仕事はしていましたが、2014年より在籍していました大学院にケリをつけるため、正月休み返上で修士論文をこもって、カキカキしていました。

論文の書き方など、参考書の冊子を数冊読み込み修論作成挑みましたが、実際に書いてみないとわからないことばかりでした。論文は「書かないと書けない」などと参考書に記載もありましたが、いや〜、ホントそんな感じで。

なんて言うんでしょうかこの感じ、いつまでたっても見通しがたたない。どこまで行っても、キリがない感じ。

これを家づくりに置き換えると、どうなるか。

家づくりの方法など、住宅雑誌を数冊購入しSNSなどからも情報を集め、実物の住宅も見学し家づくりに挑むもわからないことばかり。こんな感じなのでしょうなぁ。「家は3回建てないと・・・」なんて珍言もありますが、一生に一回あるかどうかのこの行為。う〜ん、私はいつもの作業、つまりルーチンワークなワケで、でもご家族はそんな経験もなく、練習もできるワケでもないし、やり直しができるワケでもない。

住宅産業界、ずいぶんと奇妙な世界なんだなぁっとあらためて思います。

地震に耐えられる家づくり寒暖差のない家づくり、おしゃれな家づくりやカッコイイ家づくりのお手伝いはもちろんですが、それ以外にもなにかお手伝いができないものか考えていきたいなと。

はじめてのことで。キツかったけど、とても楽しい時間でした。

 

 

 

2018.12.21

最終プロセス。

先日、館脇町の家の造作家具打ち合わせ(2回目)を終えました。打ち合わせの感触が素晴らしくて驚いています。

おそらくですが、ご家族はすでに新居での生活が想像出来ているのかしら。

だから、厚みある語りができるのでしょうね。

 

2018.12.19

地鎮祭。

郡山市西田の家、本日、地鎮祭を迎えることができました。

式や着工を予定し計画する。この仕事を始めそのことをこんなに難しいことではないと思い、これまで進めこなしてきました。

しかし、そんな経験なんか、ザザッと一掃させられたこの現場。

ご家族の一生に関わるこの時間、

想像もできないこの圧力が

明日の原動力でもあります。

今晩は、この日を迎えられて、小休憩です。

 

2018.12.13

流し台の打ち合わせ。

昨日の午後は、館脇町の家のご夫婦とお打ち合わせがありました。まずはじめに、工事現場でお部屋のサイズ感などを体感してもらい、そのあとヤマヨシに戻り、私からご夫婦に宿題を出させていただきました。宿題の主な内容は、流し台や洗面台などの造作家具のイメージ集めです。当日、奥さんよりお土産をいただきました。「これ、皆さんでどうぞ」って。帰宅後、箱を開けてみると、もうすでに宿題の回答がいくつも詰めこまれてて、ビックリ。

こんなお菓子、あんなお菓子を作ろうかな〜って考えて、

材料をそろえ、いろんな道具でコネコネして、

お子さん・ご主人とワイワイしながら、

ああでもないこうでもないとお菓子を仕上げていく。

出来上がったお菓子は、

どんな包装がいいかな、

なんて想いながら過ごせる空間に収まる

流し台を作って!!。

こんな感じでしょうかね!

2018.12.04

冬支度。

「ヤマヨシさん、自作の棚を作りました!!」っと写真を送ってくださったご主人。

今年の冬の助走はこれからですが、若夫婦は早め早めに冬支度を行っています。

床置きの冬道具をパイプで吊るし、出勤時にささっと道具を手にして、ざざっと雪を払う姿が

思い浮かびます。

自作前↓

自作後↓

 

私の家と比べてみると・・・、私の負けだね><!

2018.11.29

一枚、一枚。

今日の午後は、館脇町の家に床板を荷台に積むところからはじまりました。2階部分は大半が施工済みでしたので、1階部分の床板を積み込んでいるのかな。来週の今頃であれば床板が施工完了するでしょうから、ご家族を現場にご案内しようかなと考えています。

2018.11.27

下小屋の作業。

節穴の抜けてしまった木材であっても、ひと手間かけて、全て無駄なく使わせていただいております。大工職人のテーマとして扱いやすい、柱や梁の刻みや、無垢の家具組立の作業ばかりが職人技ではないからね。

 

2018.11.14

地物の木材。

10月20・21日に鶴ヶ城体育館で開催された会津ものづくりフェアにおいて、「ジュニアエコノミーカレッジinあいづ」の販売が行われました。12の小学校から22チーム110名が参加。小学5.6年生を対象に子供達の起業家育成プログラムで、今回で18回目になるそうです。各チームで考えた事業計画立案して出店するとのこと。地場産品の販売といった縛りはあるものの、個性豊かな商品をチーム力をテコにして販売されたそうです。販売後は決算報告し、優勝者は11月末に会津大学で表彰を受ける予定です。

ヤマヨシの木材を用いたコースター。地物の木材に対する想いを語る子供達に、来店者も共感したようで、全て完売したそうです。

2018.11.09

卵かけご飯の家。

昨日、社屋西側の敷地にて地盤調査を行いました。

みなさんの既存の概念を、脱ぎさることが可能になる住空間を構成できればイイかなと思い、モデルハウスを計画してみました。

今週より新米をいただいています。

素晴らしい素材はそのままがイイですよね。

新米を卵かけご飯でいただきます。

粒がしっかりとして本当、おいしい。

モデルハウスの概念と同じです。

2018.11.07

私宅の秋色。

落ち葉拾いは大変ですが、様々な色を感じる事が出来る良い季節ですよね。

ドウダンツツジ。

ギボウシ。

ヤマボウシ。

???。

石畳。

また来年も楽しめるようにと思いました。

 

 

 

1234...»

Entry

Category

Archive