風義ブログBLOG

2019.08.25

年中のおねえさん。

彼女が描いた塙町の家です。彼女は年中さんでしたのでお父さんお母さんとわたしの3者間のコミュニケーションを当初は繰り広げていました。しかし、これらの行為を妨害するかのようにはしゃいでいたので思うように計画商談が進みません。しかし、お母さんが持参したクーピーとお絵かき帳で絵を描きはじめたら「しーん」としてお絵かきに集中しているじゃありませんか。そこで、もしかしたらと思い「ねえねえ、おねえちゃんも一緒におうちのお話しよう!」と声をかけたらどうでしょう、キチンとお話を聞いているじゃありませんか。「ママの着物はここに置いて、わたしのおもちゃ台はこの辺に」なんて具合に。いやー、驚いた驚いた。ちゃーんとパパとママのお話を聞いているんですね。子供扱いしたことがいけなかったんだね。ごめんごめん。

ちゃんと敷地からはみ出さないように住宅のプランを描いています。大したもんだよ、本当。

地元のお友達が育てているプチトマト、毎回毎回大変だから次回からは入りませんからね。お気遣いなく!!

2019.08.24

Sunny side up.

今日は塙町の家のご家族と商談です。目玉焼きとキャベツマヨネーズをトッピングしたトーストとコーヒーではじめます。どこの切り口からお話しようかボーッとしながら朝食をいただきました。

わたしは片面焼きの目玉焼きが好きですね。

2019.08.23

後半戦のスタート。

8月の催しもひと段落できましたので研究の再開です。本日17:30からはじまる読書会、社会学、心理学、宗教学、経済学、社会福祉学、看護学、建築学と多様な分野の先生方が参加するゼミ。

あと1時間少々でスタートです。

2019.08.21

最適範囲と最高到達点。

今日は先週開催しました会津若松門田飯寺の家についてふりかえってみましょうね。本件は当初ヤマヨシのモデルハウスとして立案し工事がはじまりました。そのコンセプトは3つあり、ひとつ目はとにかくちっちゃく”つくる”。ふたつ目はコミコミ2000万円で”つくる”。みっつ目はいつも以上の良材で”つくる”。といった3つの”つくる”を鍵主題として計画設計された小住宅でした。その後この主題目に共鳴されたご家族が現れ、そこからは住まい手とつくり手の並走がはじまり今回ご覧いただきました質感となりました。

こうした質感は、当然ながらつくり手だけの主題ではこのような空間構成への構想には及ばなかったことでしょう。別の言い方をするのならば、わたしだけではこうした空想や夢想を描くことはできなかったように、住まい手だけでも同様であります。

現在手にしている工事現場や計画設計も含め、引き続き住まい手と併走して行きたい次第です。

2019.08.16

集合知。

ジャコウネコのコーヒー、みなさんご存知ですか。専門店では1杯5000円前後もすると聞く、レア中のレア。海外転勤先のベトナムから帰国中のご主人よりお土産として頂きました。

浜通りにお住いのこちらのご家族、初めてお会いしたのは2014年。会津若松市錦町の家で開催した見学会だったかなと記憶しています。これまでお住い地と見学会会場までの交通環境、好ましいわけではありませんでしたが出産などのイベントを除けば皆勤賞でしたよね。

土地探しではご家族の地元である矢祭町をさまざまな視点から居住地としてリサーチしてみましたが四苦八苦でした。最終的にたどり着いたところは塙町、いいところですよね。戦略的に営業を仕掛ける住宅メーカーで家づくりを考えていたとしたらたどり着かなかったであろうな。

これまで土地探しについて押し付けることはせずに、かといって相談ごとがあれば手厳しいコメントをズバズバッと言っていたこと自己内省するところたくさんありますが、塙町の土地で相談を受けた時ご家族の決断というか決心というか、「ここに住む」みたいな覚悟のような気配を感じたことは間違いありませんし今でも記憶に新しいものです。

短絡的計画に振り回されがちな家族が少なくないなかで、中・長期的計画を主軸に計画されたこと、素晴らしいことです。今後、ここまで培ったご夫婦の実践知と私の培ってきた実践知を引き出し高め会えたなら素敵なことですね。

ジャコウネコのコーヒーとホットサンドのセットで完成見学会、後半戦に挑みます。

2019.08.14

生牡蠣。

完成見学会の準備もそこそこ終え、ひと風呂浴び、キンキンに冷やしたカティーサークのハイボールでひと息ついた19:00すぎ、ピピピッとiPhoneがなりました。

「ヤマヨシさん牡蠣、捌ける?」

「えっ、いいの(頂けるの)」

電話主は会津若松市・西栄町の家のご主人。

そこからわずか数分後、自宅まで生牡蠣を差し入れてくれたのです。

(それと台所道具まで、至れり尽くせりってヤツじゃあ〜)

 

生牡蠣を見た我が家の食欲は超覚醒、瞬く間に、秒でこの世から消えていきました。

 

8月14日(水)〜18日(日)の5日間、会津若松市門田飯寺の家完成見学会。詳しくは下記にてご案内します。

完成見学会のお知らせ

2019.08.11

ありがとうございます。

多くの方がお盆休みを過ごすなか、職人の方々に無理を言って作業のお願いをさせていただきました。

夏ツバキ株立ちを。

木の家とドウダンツツジ、緑色が映えることでしょう。

こちらは板塀工事の塗装作業。木の家を包装紙で包むようにモノトーン色をブルーグレーを配色しました。

色合いの確認も共有し、最終工程へと進めていきます。

8月14日(水)〜18日(日)の5日間、会津若松市門田飯寺の家完成見学会。詳しくは下記にてご案内します。

完成見学会のお知らせ

2019.08.09

会津人以上に会津人。

昨日はモモ、今日はトマトを頂きました。それも業務用で2ケース、「ヤマヨシのみなさんでどうぞどうぞ」と自作のトマトをギャラリーに。こちらのトマト農家さんは会津若松市門田飯寺の家のご主人です。

今朝ほど完了検査・フラット35検査を終えました。明日からは外構工事の最終仕上げになります。

8月14日(水)〜18日(日)の5日間、会津若松市門田飯寺の家完成見学会。詳しくは下記にてご案内します。

完成見学会のお知らせ

 

2019.08.07

あかつき

夏の空、暑い日が続きますね。わが家の庭では日陰を探し「通水」文字上の穴にカエルが隠れていました。

 

昨日、桑折町の家のご家族より桃(あかつき)が贈られてきました。いつもお気遣いありがとうございます。

当時、桑折町の家の工事進捗が予定より遅れ竣工写真を取ることができませんでしたので住宅模型の写真を貼り付けてみます。外観は大きな屋根とそとん壁で、内観は杉板を主に空間を囲い込むようなつくりでした。お引き渡しから6年目ですね。

8月14日(水)〜18日(日)の5日間、会津若松市門田飯寺の家完成見学会。詳しくは下記にてご案内します。

完成見学会のお知らせ

 

 

 

2019.08.01

小住宅。

昨年末に工事を着手していました会津若松市門田飯寺の家、やっと完成見学会開催の日時が決まりました。門田飯寺の家のキーワードを3つあげるとすれば「手触り、狭小地、普遍性」になるかと思っています。

近年の社会的状況を背景に、工務店である会津山義がモデルハウスをつくるとしたらどんな姿や形にするのだろうという”問い”を設定しつつ、各工程・行為毎に”問いを問い直し”ゴールへと突き進んでいけました。本件のテーマは計画段階はもちろん設計・施工の段階においても設けず、テーマ構想型の方法で完成をむかえたということになります。そのなかでも観点、つまり見通しを多保的に自重することで住まいに対する価値や意味づけの改編ができたなと振り返っています。与えられたスキームにおいて工務店として譲れること/譲れないことをきちんと/しっつかりと/丁寧に描き出すこともできました。この絵ハガキのようね。

お知らせ→会津若松市門田飯寺の家 完成見学会開催 8月14日〜18日

 

1234...»

Entry

Category

Archive