風義ブログBLOG

2009.03.23
風義について

希望を込めた「赤」

ごぶさたです。(汗)
バタバタで...(汗)
言い訳はこんなところで、早速、ブログブログっと。(汗)
「流行色、時代の感性を映す。」と先日新聞記事がありました。
「明るい色で元気になる。」「さわやかな色合いでホッとする。」
色には直接訴える力があります。
ある大学の先生によると鮮やかで明るい色は「さえた」明るい色は「さわやか」
暗く鈍い色は「重厚」などなど印象をあたえてくれます。
90年代以降、衣料品の色について約30色に分類して調査したところ白や黒、紺、茶
などの主要な色とされる10色が75%を占めていたそうです。一方、近年おしゃれに
敏感な人が「セクシーに高貴さを感じる」色として紫を装いに取り入れる傾向があるそうです。
紫は市場で占める割合が元々少なく目にする機会があれば
「流行っている。」と印象を受けまね。
ちなみに、ある占い本によると、私の守護色は紫でした。(セクシーって。汗。)
戦後、日本の流行色とされる「赤」はりんごの唄に象徴されるものでした。
迷彩色や国防色であるカーキ色とは対極にある色で敗戦後の復興にかける希望や活力、
未来などを「赤」に感じたのではないでしょうか。
‘石川町の家‘での採用されたレンジフード。
美しいデザインと仕上げ、そして色。
造り手の想いが込められたキッチンの名脇役。
そろそろ現場到着かな!!
IMG_8812.jpg
http://www.ariafina.jp/top.html
お時間ございましたら‘寄り道‘いかがでしょう!!

2009.02.10
風義について

茶髪にピアス!!

昨年末に申込をしていた大工育成塾の工務店登録通知が届きました。
大工育成塾は、日本人の職人文化・ものづくり文化の再興を担う今どきの
若者を育成をするための国家プロジェクトとして国土交通省が支援する団体。
大工になりたい若者を全国から募集し棟梁のもとへ送り込むシステムです。
しかし、学校が終わって遊びたい‘盛りついた‘茶髪にピアスの若者が職人
の世界で修行することは大変かもしれません。
IMG_8438.jpg
「自分の技術を若者に教え伝えていきたい。」
山義のテーマでもあり世の職人の願いでもあります。
住宅が不足していた戦後50年。
とにかく早く、安くつくることが優先されてきた50年。
「当時(30年前)はネコの手も借りたい。そのぐらい忙しく現場が豊富だった。」
私自身が大工修行をしていた時代の休憩時間の話です。
現場が豊富であれば、若い大工にも職人の経験値を
積み重ねることができた時代だったのでしょうね。
しかし、時代は大きく変わりました。
生産効率を上げるために機械による木材加工。
コンピューターによる図面作成。
いままでと同じ修行環境では...
そんな困難な時代に伝統工法の承継のための、
大工育成塾はとても意義があることだと感じます。
全国から集まる同じ志の仲間とやりあい、資格や肩書きに頼らず
道徳観を養い困難に立ち向かう大工になってほしい。
ちなみに今月は、「手に職を!!がんばれ大工さん!!」強化月間です。(ウソです。)

2009.01.23
未分類

偶然、必然。

今年は丑年。
牛と会津のつながりをここで少々。
会津の「赤べこ」は有名な伝統工芸品であり会津柳津の福満虚空蔵尊にちなむ
伝承があります。圓蔵寺は徳一の開山と伝えられていますが、
現在の菊光堂の再建の折、境内に赤い牛が集まり資材の運搬などを手伝い、
それをとなえてまつられたと聞きたことがあります。
ここの大牛を撫でながら願い事をすると成就するといわれ、
会津の「赤べこ」はこの由来よりなるとも。哀感がただよう牛の石像に会津柳津で
出会うことができます。蒲生氏郷が領主になってから、下級武士に民芸の赤べこ
を作らせたそうです。
また、会津美里の伊佐須美神社の宝物に、運慶作という馬頭、牛頭、鹿頭がある
そうで、境内にも撫で牛の像があります。
そして、会津若松の興徳寺の境内にも牛がねそべっています。
牛は馬にかわる以前の力であり、
人馬一体、人牛一体となりひとつ屋根の下で生活を共にした
‘曲がり家‘は奥会津の文化でもあります。
会津の牛の偶然を必然に考えるものは他にもありまして、
会津若松市の牛堀、丑渕沼、牛畠、牛ヶ墓、霊牛神堂。
耶麻郡の牛沼、
恵日寺西側の牛沢川
飯豊山の牛王小屋
などなど他に知っているかぎり20数ヶ所の会津の土地(町名)に刻まれ遺された名。
これだけの数、偶然だろうか。
ひとつ、ひとつは偶然だったのかもしれない。
ゆったりと、じっくりと動く四足に
思いを伝承し歴史の積み重ねがなされ生活があり文化が形成される。
我々の生活は必然の積み重ねですよね。
IMG_8410.jpg
偶然でとりとめのないように見える出会いが積み重なり必然に感じることがありました。感謝!

2008.12.28
風義について

いつも通りで。

石川町の家、上棟式です。
IMG_8276.jpgIMG_8280.jpgIMG_8286.jpgIMG_8290.jpg
当日、会津地方は大雪。予定時間を30分おくれて到着。
石川でも12月の積雪はめずらしいそうです。上棟式までの間子供たちと雪遊び!!
上棟式も地域で異なるものですが、石川でも山義のやりかたで、いつも通りで。
IMG_8295.jpg
棟梁と大工さんの清めも終わり、お客さんのスピーチに。
入口は資料請求から。
IMG_8308.jpgIMG_8314.jpgIMG_8321.jpg
その後、山義の家を見学しアンテナにかかったと。
あれから3年。
多くの見学会、山義塾とご参加いただきましたよね。
「デザインのセンスの好みが近く、そして技術力に魅了した。」決定打です。
IMG_8331.jpg
いつも通り、貫き通していきたいですね。

2008.12.19
風義について

ゆっくりじんわり。

IMG_8104.jpg
今年もみれなかった発表会!!じゃなくてオープンな申込制による完成見学会のお話。
大成功に終わりましたね。対話の時間も生まれて理想的でした。
そこで、感想を...
住まう人は様々です。
ライフスタイルや健康、幸福への価値観も色々。
でもでも、住まい方も様々なはずが最近の家は画一的な傾向にあるように思えます。
もっと家づくりを楽しみましょう。
もっと本当に満足できる家をつくる方法を一緒に考えましょう。
住まう人が心身ともに‘熟す‘まで私たちは急ぎません。
ゆっくりじんわりとしています。
一人でも多くの方が、納得のいく家づくりを実現できることを願っています。
IMG_8139.jpg
「本物は時間をかけてゆっくりとつくるより他にありません。」
な〜んてね!!

2008.12.11
風義について

オール電化もいけますよ!!

「オール電化住宅が希望ですが山義さんは対応できますか。」
こんなメールが。
メジャーなオール電化住宅は
①IHクッキングヒーター+②電気温水器(又はエコキュート)+③蓄熱暖房。お好みもありかと思いますが山義では③の部分の暖房方式がヒートポンプ式低温水暖房でご提案しています。メジャーなオール電化住宅の暖房はレンガやコンクリートにエネルギーをためるやりかた。山義おすすめのオール電化住宅の暖房は45℃前後の低温水による低温輻射暖房!!
なぜかといいますと...(文章なが〜いっすよ〜。)
■はじめに、‘寒い‘や‘暑い‘はどんな時に感じてどんな感覚なのか。
部屋の温度計が20℃だとすると、暑くもなく寒くもなく丁度いい温度。そこで、20℃のお風呂はいかがでしょう。けんちゃんのギャグより寒いはず。理由は触れる温度ではなく人体の温度である体温がいかに早く物体に移動するかによって決まります。室内にある空気に体温を奪われるスピードよりもお風呂の水に体温を奪われるスピードの方が速いからですね。このスピードの尺度をあらわすものが「熱伝導率」。
伝導率が高い‘水‘や金属(パネルヒーター)は熱の移動スピードが速く冷たかったり熱かったりします。缶ビールを素早く冷やすために冷凍庫に入れるより氷水に入れたほうが速く冷えるのをご存知かとおもいます。理由は冷凍庫は氷点下であるももの‘空気‘なので氷水より熱を奪うスピードが遅いからです。
これと比べて‘空気‘は熱が伝わりにくい性格。
寒さ対策で重ね着をするのは何層にも空気の層をつくり熱移動がしにくいようにしているわけです。住宅の断熱材も空気の性格を利用して壁や天井面に空気を閉じ込める仕掛けになっているんです。たとえば空気を包んだ羽毛ふとんなどが温かく感じるのは熱移動のスピードが緩やかなので温かく感じるのです。
外断熱や内断熱の議論の前に‘空気を包む‘(とめる)ような技術が熱を遮るには必要なんです。
■次に、「気化熱」。
濡れた手と乾いた手をふってみると濡れた手の方が冷たく感じます。濡れた手の水が蒸発(乾く)する瞬間に表面(手)から熱は奪われます。打ち水や汗などのは気化熱の性格を利用したものです。気化熱は‘湿度‘とつながります。湿度が高い部屋は暑く低い部屋は涼しですね。湿度70㌫の部屋と湿度40㌫の部屋では40㌫の部屋の方が洗濯物の乾きがいい。洗濯物を人に置き換えると同じ室温(空気)であ
れば40㌫の部屋のほうは汗が乾く時涼しく感じ、冬季は空気より熱を蓄えやすい水分があった部屋のほうが温かく感じます。
この湿度を制御するために県産木材やセルロースファイバー断熱材、チャフウォール壁や漆喰壁など吸放湿する自然素材で住宅をご提案するのが山義のやりかたでもあります。
■そんでもって、最後は「輻射熱」。
やっとここまでキマシタ。(汗)
真夏のアスファルトをイメージをお願いしま〜す。クラクラしちゃいますよね。(文も長くてクラクラ)たぶん60℃はあるだろうと思われます。その熱は空気を温めたのではなくて熱線になって放射され体にぶつかると熱として体に感じます。
これを輻射熱と呼びます。
夏季に蔵や洞窟に入った経験はありますか。涼しくて気持ちがいいですよね。蔵のなかの空気涼しいのでなく土壁を厚く塗り白漆喰で仕上た壁の温度が低く体温が奪われるために涼しいと感じます。
これを冷輻射と呼びます。
断熱材などの自慢話もいいでんですが、外壁や窓ガラスなど空気よりず〜と暑いものがそばにいて熱線をだしているんです。暑さを断つには外壁や窓ガラスに当たる太陽光線をカッ〜としたほうが重要でした。
また、南側の樹木と北側の樹木では役割がチョトちがいますがそれはまた別の機会に...。
山義がご提案する場合③の暖房の部分がヒートポンプでしたね。
ヒートポンプは少しの電気で効率よく運転し大気の熱を使いエネルギーを生み出します。その熱を約40℃の低温水でパネルにうつし放射面積をかえて暖房します。低温暖房のため湿度は下がりにくく状態になります。湿度が低い場合は45㍉の床板やセルロースファイバー断熱材等自然素材がが放湿を手助けしてくれるでしょう。蓄熱式暖房は大きなエネルギーでレンガを高温に温め約70℃の熱で放熱暖房します。高温であれば室温は高くなるものの湿度は下がります。湿度が低いと同じ室温でも温かく感じないのは前記にて学習しましたね。やさしい自然素材では補うことができる室内環境ではなくなっているんです。(恐)
要するに組み合わせが重要だと。豊かな住宅環境は繋がっています。工法だけ特化しても手に入れることはできません。たとえば、輻射熱で話した樹木の話。ご自宅の外壁や窓ガラスの熱放射をおさえるためにお庭に樹木を植えましょうよと。夏は涼しく季節も感じることができます。そんなお宅が一軒、二軒、と増えれば森のような環境になるのではないでしょうか。そして森となった町は天然の空調機となり住人に豊かな恵みを与えてくれるはずです。
未来の地球のためとか、子供たちのためだとか、なんだかうそ臭くて....
自身の環境のためだった行為(エゴ)がみんなと繋がり豊かさに繁栄(エコ)される。このイメージが大切じゃないかな〜。
お問い合わせは「オール電化住宅できますか。」でございますね。
おまかせください!!がんばります!!
IMG_7830.jpg
反応しちゃいました。いつものことです。

2008.11.30
風義について

現場の空気。

門田黒岩の家の「現場の風景」をあつめてみました。
職人の手垢感、いいじゃないですか。
IMG_4861.jpgIMG_7731.jpgIMG_7755.jpgIMG_7759.jpgIMG_7771.jpgIMG_7782.jpgIMG_7796.jpgIMG_7800.jpg
晴れればいいな〜。
IMG_7715.jpg

2008.11.25
風義について

新たな輝き

木造モダンの力 
壁に杉板を張り、丸太むきだしにした素朴な家―。
戦前から戦後の日本に四十年以上滞在し
「軽井沢式」・「レーモンドスタイル」と呼ばれる
住宅の名作を各地に残したチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド。
IMG_7833.jpg
先日の経済新聞の内容です。
レーモンドは旧帝国ホテルを設計中だった米国の建築家フランク・ロイド・ライトの
助手として来日。そこで目にしたのは、面に向かって開放され柱や梁(はり)の
構造が‘あらわし‘になった商家や民家でした。
「日本の家にはモダンがある。」とその時感じたのではないかとも。
後に彼は日本の風土や気候を取り入れモダニズムを拡大し洗練していきました。
近代化を目指す人々が普遍化・合理化・工業化だといっているときに、
四季ごとに床の間の絵を掛け替える日本人の心情で建築をつくったのではないでしょうか。
地域の自然の材料を生かし、単純化したものをレーモンドの門下生たちは
「軽井沢式」と呼んでいたそうです。
ル・コルビュジェの下で修行した建築家の前川国男やレーモンドの哲学を吸収し
進化させた住宅建築の巨匠吉村順三も門下生のメンバー。
(吉村は私の大好きな建築家です。)
吉村の別荘でもある「小さな森の家」は、昨年私も見学した作品であまりにも有名。
建築を学ぶ学生が図面をトレースする課題として最も多く取り入れられています。
 「その時の与えられた力いっぱいの材料で、力いっぱいのテクニックで、
しかも特別な大工さんを頼んだわけでなく建てた民家に私を感動させるものがある。」
吉村は生前語ったそうです。
‘伝統的なもの、歴史的なものをふまえないと本当のモダンはない。
欧米の新建築は優れている。
それはクラシックに対抗しているからで、日本ではクラシックが忘れられている。‘
(『建築家吉村順三のことば100建築は詩』より)
現代生産される住宅の多くはその通りだと感じます。
住宅の限られたスペースでいかに暮らしやすい生活を共につくるか。
奇抜な外観デザインなど形ありきで生み出された間取りではなく、人間の居場所や
生活の癖をお客さんとガチンコでやりあう姿勢。
畳や障子を斬新にとりいれるのは決まった形式やマニュアルがあるわけではなく、
過去のヒアリングや私自身の経験から生み出されたもの。
だからこそ新建材や合成材はそぐわないわけですね。
30年前、吉村は予言したそうです。
IMG_7836.jpg
「日本人が古来資源を浪費せずに、
            手間をかけないで
                    正直に建築をつくってきた時代が再び戻ってくる。」と...

2008.11.10
風義について

大切なこと。出会うこと。

IMG_7641.jpg
先日地鎮祭が行われました。
風土や文化が地域で違うようにお清めの作法が違いましたね。
IMG_7606.jpgIMG_7612.jpgIMG_7615.jpgIMG_7645.jpgIMG_7635.jpgIMG_7637.jpg
『山義さんに決めた、いちばんの訳は自分たちのセンスに近かったから、それと技術力!!』
あれから2年。
‘出会い‘の大切さ、実感した日。
IMG_7602.jpg
会津山義、中通りデビューで〜す。

2008.11.07
風義について

自力で進め!!

来年入社の内定通知を今朝作成しました。
企業の採用動向には浮き沈みがあるものの、学生さん自身にとっては
一大決心の作業。自分自身と進路を見つめる好機でもあります。
先日新聞に就職活動の記事がありました。
彼は私と同じ昭和50年生まれ。’団塊Jr’なんて呼ばれています。
バブル崩壊後の氷河期と就職活動時が重なるころではあったものの
レールは依然敷かれたままの状態。乗ってしまえば安心と思える時期でもありました。
しかし、これからの世代はどうでしょう。
バブル崩壊後を過ごした思春期、レールのないことも実感、
乗ったとしても手堅いとはいえないこともまた実感。より手堅いレールを探すのか、
夢を追いかけるのか。
不安にもがき苦しむ世代ではないでしょうか。
ある時期に自分の生き方をシフトした作家の彼からすると
こんなにも‘希望‘に満ちた時代はないと。
封建時代が過ぎ個人がこれほど謳歌できる時代はないでしょう。
自由競争の一方セーフティーネットも用意されている。
先人たちの血のにじむ努力の末に築きあげた現代社会。
昔のように越えられない壁はなく自力で切り開くことができる時代なんだと。
誰かに指示を与えられ縛られていることに安心する人間には
恐怖の時代かもしれません。
『社会は何もしてくれないと怒鳴り嘆いている人も。』確かにそうかも。
ものすごく厳しい時代が来るでしょう。
そのかわり努力が報われる時代の幕開けではないでしょうか。
覚悟を決めて進むことこそ恐怖への最善策!!
誰もが想像を超えるエネルギーを持っています。
就職は自分と向き合えるチャンス。
たとえ小さい一歩でもその先にあるのは無限大の夢。
IMG_4866.jpg
真正面から向き合っていきたい。そう思います。

«...51525354...»

Entry

Category

Archive