風義ブログBLOG

2019.03.23

ご契約です。

ホットサンドをつくる朝。そうです、そうなんです。家族は布団の中。そろりそろりとシビれる濃い目のコーヒーをいれ、ササっとすませヤマヨシのギャラリーへ向かいます。本日の最重要業務となる新築住宅の契約を取り交わし、隙間時間を活かし会津若松市日新町にある末廣酒造さんへ向かいました。

「会津の春のしごと」と題しておこなわれている福島県会津地方の若手?女性作家さんが集結して、レコメンドアイテムをお披露目&展示販売していました。春雪舞うなか、たくさんの来場者でとても賑やかな様子です。来場者のお顔など配信すると色々と問題もあるかなと思い入り口あたりからパシャリと一枚撮り。集結しています個性ある作家さん、それも女性の方々ですから、こうして計画をまとめるまでにはそれ相応のエピソードがあったことでしょう。本企画者さんの力量、たいしたものだなぁと。

午前中に納品させていただいた、桜町の家のダイニング用ベンチの納品状況を確認に昼食後お邪魔しました。ご家族と高さや長さがなど何度か計画し練りなおされたベンチのデザインにご満足いただけたようです。帰りの際、「大学院修了のお祝いに、奥さんとやって」とご主人からいただいたワイン。パシャリと一枚。

赤ワインか。今晩どれにしようかな♪

会津若松市 館脇町の家 完成見学会のお知らせ←

2019.03.22

夕ご飯はしゃぶしゃぶ。

今朝は仕事の予定がなかったので、イチローさんの記者会見の様子をじっくりとTV視聴していたら、「ただいまー」とそれはそれは大きな声の末っ子ちゃん。9:00前後の帰宅。興奮状態の末っ子がカバンから取り出したものは通信簿!!

二人の兄姉は一足先に通信簿をもらい、過去最高記録を叩き出し、パパとママからお褒めのお言葉をいただいている様子を静かにしてジッと聞いていたのでしょう。

私だって、できんだから(できるんだから)と言わんばかりの表情。印象的でした。

何はともあれ、良い評価をもらえるのは嬉しいことですよね。夕ご飯は肉にしてくれとオーダーが入りました!!!

さあ、今月末の完成見学会。いかなる評価をいただけるのか

会津若松市 館脇町の家 完成見学会のお知らせ←

2019.03.20

この家は、会津の新しい文化です。

郡山市湖南町を経由し、郡山市御前南で地盤調査の立会いに向かいました。先日ラジオ番組でアナウンスされていました「ふくしま逢瀬ワイナリー」を左手にして会津若松から1時間強。今日の地盤調査のお宅の場所は2012年にお世話になりました「御前南の家」のご近所です。公共施設や商業施設など住環境が整備されたこの地区。つい最近では高速道路のインターチェンジも増設されますます活気づくエリアになりそうです。近くに自衛隊の施設があるのでしょうね。バッバッバッと軍用機が数台、空を横切っていました。

ふくしま逢瀬ワイナリー外観。

御前南での地盤調査の様子。

自衛隊のヘリコプター。

地盤調査の立会いを終え、ポーンと逆サイドの郡山市西田の家に車を走らせ20分。会津よりもひと足はやく春のお知らせがチラリチラリと目に止まります。パラパラと咲き始めの梅の花。青空を背景にパシャリと一枚。

梅の花をフォーカス。

郡山市西田の家では今週末サッシ納品予定。それと屋根工事も予定です。逆光で撮影したからでしょう、上空にUFOが写ったようになちゃいました。

大きな屋根は奥さまのご希望。

郡山市の現場を後にしヤマヨシへ戻る前に、会津若松市館脇町の家に向かうとちょうど午後の休憩時間。職人さんたちの小憩を邪魔しないようにしてパシャリと一枚。館脇町の家の奥さんがチョイスしたのはスペイン産の白いタイル。空間構成を考慮した際にタイルサイズが大きいと、そのタイルが浮かび上がり迫ってくるように見え空間が圧迫したような印象を受けますが、広いDKのこのお宅ではそんなことはまったく感じることはなさそうです。うん、いい感じ!!

館脇町の家、流し台のタイル工事の様子。

それから、夕方にむすぶ請負契約まで時間が微妙な間があったので以前から継続中の本棚整理をしていたら、思い出の品と再会しました。

それは「風義(ふうぎ)」と題した自社広告。何年前になるかな、13,14年前くらいでしょうか。当時の私は大工でしたから、職人の技や精神を家づくりに詰め込みたくて。前のめり状態でしたね今思えば。そんな時、工具屋さんからブランドデザイナーさんを紹介していただいて、授かった家づくりに取り組む姿勢が「風義」と言ったコンセプトでした。以下にコンセプト内容をご紹介します。

かつて会津藩の家訓(かきん)にも掲げられたこの概念は、『道理を通し、信義を重んずること』を意味します。会津の風土は純粋で頑な会津の人たちの精神が培ってきたものです。風義はまさに、会津の文化そのものだと思います。私たちは住まいづくりの中に、常にあたらしい感性を取り入れながらも会津人の精神を伝えることは忘れてはいません。いつの時代も本物だけは生き続けると信じているからです。

森の話をしましょう。

木の話をしましょう。

健康で暮らせる、

住まいの話をしましょう。

会津の四季を生きる

私たちだからできる技があります。

あらヤダ、グルグルっと風義にもどちゃったわ。

会津若松市 館脇町の家 完成見学会のお知らせ←

2019.03.19

YouTube

明後日から春休みの市内の小学校。今日は給食がないらしく自分でお弁当を作るため、私たち夫婦と一緒に起床した小3のすえっこ。YouTubeを見て自力でこしらえたキャラ弁(当)。スゴっ!!!

ウインナーをハート型にして焼くアイデアを思いつくところうちのママ似。卵焼きなんかクルンクルンと余裕で卵を返して、「見てこれが私の実力」と言わんばかりの表情。それにしても、少食のすえっこがいただくには、お弁当の量が多いような気もするなぁ・・・。まっ、まさか、BF用?

こんな今朝の時間を過ごした今日はちょっとあわただしく、館脇町の家では洗面台に取り付ける鏡板の位置決め、流し台壁面のタイルの割り付け決めを、湯川村の家では地盤の再調査の立会いを、門田飯寺の家では瑕疵担保保証の中間検査の立会いを終え、鼻水と目のカユミに格闘しつつこのブログを書いています。

洗面台鏡板位置決めの様子。

タイルの割り付けの様子。

レイリー波による調査の様子。

中間検査の様子。

下屋の雨返し施工の様子。

花粉症で鼻をかんだティッシュの様子。

(あ〜、鼻がイタイ)

会津若松市 館脇町の家 完成見学会のお知らせ←

2019.03.18

6.3kw

添付しました写真の右下にある機材。こちらは自宅の消費電力を監視する機材のひとつです

1時間の単位で家庭内で消費された電力量を計測集計し、月毎にグラフなどで電力ピークを管理することができます。撮影した時間は朝6:30。深夜12:00から6:30の6時間で6.3kw弱を消費しています。2月初めの同じ時間に計測すると11.0kw強。季節の移り変わりと消費電力が連動していることを数字で客観的に確認することができます。デザイン重視の設計士さんの印象があるかもしれませんが、意外にもきちんと実測し、次の設計・計画にリフレクションしているのです、こう見えてもね。

会津山義のホームページを見ても、窓ガラスや断熱材、冷房に暖房機材とご案内が他社さんのそれと比べると物足りないぞ!!と感じる方も多いのではないかも。工学的な表現はできるだけ避けていたので。その理由は、なんだか自慢しているように感じるから。「俺の建築、スゲーだろ」みたいな感じは、ちょっと・・・。そんなわけでこの部分は弱かったりボヤかしているのではないんです。

実は建築環境学は私自身とても関心があって勉強もたくさんしてきた分野ですから。

きちんとした理論のもとで、ちゃんとした住宅計画・設計ができればと思います!

 

会津若松市 館脇町の家 完成見学会のお知らせ←

 

2019.03.17

ホットサンド、好きですか。

今日は日曜日。

夜更かしして個人の時間を楽しんだ我が家の家族をおこさずに、そーっと朝食をつくりすーっと出社です。ちなみにホットサンドの中身は、チーズとハム。そこにHEINZのイエローマスタードをギュッギューっとかけて。チーズとマスタードが溶け合うハーモニーが好きで良くやるわけですが、ソースが熱くて口の中を火傷することも多くて。

今日の作業は、作図を中心に。指が動かなくなったら、住宅模型の模様替えをしつつ小休憩。そしてまた机に向かう。14:00からのサンソン(山下達郎のサンデーソングブック)のイントロが聞こえ始めるまでは集中してやろうかな。先週のサンソンで流れた『希望という名の光 / 山下達郎 ’10』、このサウンドで救われた人、多いんじゃないかなぁ。今月は特に。

家づくりのつくり手としてのミッションは、希望という名の光を住宅の計画や設計をとおし照らすこと。そうでありたいな。

30日/31日完成見学会開催のお知らせ

やまよしの玉手箱プレゼントのお知らせ

 

2019.03.15

棚からひとつかみ。

日曜午後のひと時、ラジオから聞こえるヤマタツ(山下達郎)の句をちょいとお借りしてヤマヨシの「棚からひとつかみ」をご紹介してみます。現在もワーキングスペースの模様替えをチョコチョコとやっているところで、パッと手にしたのがこの本。

宮脇檀(2004)「宮脇檀の「いい家」の本」PHP研究所

ヤマヨシのギャラリーに遊びに訪れたご家族から「家づくりで何かオススメのもの(本)はありませんか?」とお声かけいただいた際にご紹介していました。いろいろあるなかでもこの本が一番多いかな。貸し出しした数は。

というのも、近年の家づくりにおいて、ハウスメーカーさんや工務店さんの営業やプランナーの方々とお話し合いを繰り返し、住宅の基本計画つまりプランニングを決めて契約を結びます。契約を結ぶまで、または契約を終えても建築士さんと顔も合わせずに家づくりのプロセスが繰り広げられているのです。

その建築士さんの性分というか性質というか、特に知らず住宅計画が決定している今日。少しでも彼/女らの設計の行為やデザインの思考を知りつつ、家づくりの話し合いを営業さんと進めていければ思いがけない空間のアイデアやクリエーティブ暮らし方など手入する可能性が生まれるかもしれないとの想いからこの本を進めていました。

床板や壁材など効能、職人技や建て方の工法なども大事でしょうけど、図面をひく彼/女らのファーストインプレッションを活用せずに家づくりを終わらせちゃうなんて。もったいないたらありゃしない!!

彼らは未だに棚の上にいけないでいます。

3月30日/31日完成見学会開催のお知らせ

やまよしの玉手箱プレゼントのお知らせ

2019.03.14

マジでガチなホワイト・デー。

今朝の会津若松は、昨晩からの降雪の影響により、お庭もホワイト・デーとなりました。

一昨晩からコネコネして作っていたバレンタインのお返しもの。長女・二女のラッピングを待つお菓子たちがズラリ。

 

アイランド型流し台を採用してよかったなと思った今朝です。後かたづけまでやってくれたら◎でした。

3月30日/31日完成見学会開催のお知らせ

やまよしの玉手箱プレゼントのお知らせ

 

2019.03.13

デザインを学ぶ。

佐藤さんの漆塗りのお弁当箱、我が家に嫁いで2年ちょい。近年のお弁当箱と比べますと、フタにパッキング材がなかったり、ロック機能がなかったり。とても簡素なデザインでもあったので子供たちには不向きかなと思いつつも、職人さんの「手仕事」を身近に感じてもらいたいとの想いから入手させていただきました。

白米から立ち上る湯気。今日も一日がはじまります。

3月30日/31日完成見学会開催のお知らせ

やまよしの玉手箱プレゼントのお知らせ

2019.03.12

44才。

私、昨日誕生日でした。。

「パパ、お誕生日プレゼント、何(が)欲しい?」と小3の末娘。

「パパは、手づくりのペン入れが欲しいな!」と私。

こんな”やりとり”が2週間前にありました。

私の名前のイニシャル『N』をシンボリックにデザインしたペンケース。

カバンからの出し入れの際、イニシャル生地が取れにくいように補強するため、星型のボタンでペン袋にキチンと縫いつけています。見た目のデザインだけであれば生地にノリやボンドなど、接着剤で取り付ければパッパッと造作無く仕上げることができたはず。でも彼女はそれをしなかったんですね。そのほかに、白色と青色の2色を用いて『N』のデザイナを際立たせています。配色はもちろん、レイアウトも絶妙です。

きっとドキドキしながら初ミシンもやっていたんだろうなぁ。

私も見習って「いい仕事」しよう!!

3月30日/31日完成見学会開催のお知らせ

やまよしの玉手箱プレゼントのお知らせ

«...2345...»

Entry

Category

Archive