施工事例GALLERY

館脇の家AIZUWAKAMATSU FUKUSHIMA

館脇の家
館脇の家
2017年11月竣工 木造平屋

ご家族から与えられたテーマは「安らげる空間がほしい」でした。会津山義は「安らぐ」をソファーや縁側で自ら「寛ぐ」ことではなく「空間やディテールから安心感を受け取ること」と解釈しました。家族が帰宅する際、安堵感を十分に受け取れるような大きな屋根。玄関の次の間には奥行きと高さがある開放的なリビング・ダイニングが広がります。さらには中庭が視覚的な解放感も加え、気持ちが伸びやかになる館脇町の家です。