風義ブログBLOG

2019.06.03

親心。

今朝一番のお仕事は館脇町の家の外構工事の打ち合わせからです。お子さんのトレーニング場を設けたいということで計画が進められておりました。部活・クラブ活動における親子のやりとりは、家族の暮らしの時代をエポックメイキングしていく大切な行為のひとつですよね。

青い空と白の塗壁、木の家が映えますね。今日も暑くなりそうです。

2019.06.02

地域の交流。

本日は神奈川県に来ています。

日帰りのため限られた時間ではありますが何かしら収穫して帰りたいと思います。

2019.06.01

金運を。

今年も前半戦の終盤を迎えました!!みなさんいかがお過ごしでしょうか。写真の黄色いカレンダーは東向きに飾ると金運がUPすると書いてありましたが未だにその効果はみられません。黄色は金運を招くといった名言は本当にあるのでしょうか。残りの月日をかけ引き続き調査していきますね。

午後お打ち合わせしましたご家族にお伝えすることを忘れていましたのでこちらからお伝えさせていただきます。「その人となりを伺う行為により住環境の計画がドライブする」ことが私の特徴でもあり、モチベーションを担保する行為でもあります。

 

2019.05.31

長髪の中年男。

「やきとり」か。こぢんまりとしたお店の構えが興味を引きますね。

会津若松市・南花畑の家の地鎮祭が8:30から予定。少し早めに現地に到着。シマシマ模様のカットソーを着た長髪中年がウロウロしていたからでしょう、ご近所のみなさん小窓をそーっと開けて私をサッと見しています。こんな出で立ちではありますが決して怪しい者ではございません!!

会津若松市南部の市民の主生活道路よりチョイと入った路地のすぐそこに現場はあります。宅地選びで家づくりのほぼ90%は決まるといっても過言ではないとどこかの建築士さんがおっしゃっていましたが、90は大袈裟かな、私の感覚では80%ぐらいじゃないですかね。そのように捉えると、ここも(南花畑も)とても良いところですよね。子育てするにもお仕事場に通うにも文句のつけようが無いと思いますよ。さあ頑張って住宅ローンを完済しましょう!!

式の終了後ゼミ参加のため仙台に向かいました。プロフェッショナルとクライアントが保有する情報の非対称性、専門性が高まるほど分業化が進むポストサイエンスコミュニケーションについて意見や疑問を発してきました。

ゼミ終了後会津若松市の自宅に戻り、夕ご飯前におねえちゃんのピアノを視聴しています。中間考査に英検と終えたところで、6月の発表会に向けてピアノレッスン再始動といったところでしょうか。

以上、私の5月最後の金曜日でした。

2019.05.30

人間力。

本日は郡山市・静御前の家にて建築確認申請の最終確認を住まい手とおこない、その後郡山市・西田の家に向かい明日予定の屋外足場解体の現場状況を確認してきました。会津への帰路、国道4号線の交差点で車中からパシャリと一枚。警備会社さんの看板が目に飛び込んできました。

最近起こっている悲しい事件の影響で今後警備会社さんの守備範囲も変わってくるのではないかなとぼんやりと信号待ちで考えていました。防犯カメラや監視カメラで抑止出来兼ねないことがあるんですもんね。

2019.05.29

計画中。

今朝の雨、勢いよく降りましたよね。自宅のエゴノキ花がいちめんに散りステキなエントランスに仕上がっていました。

先日お会いしました住まい手よりご相談ございました敷地調査の結果報告をこのあとまとめつつ、別件の住まい手の農地転用の計画書を作成してから帰宅しようかなと只今計画中です。

どちらも散らないように!!

2019.05.28

類推する。

本書は1960年代のアメリカ合衆国において大多数の人々が死を迎える場としての病院に着目し、そのとき死にゆく人々は生物学的に死ぬ前に社会的人間的に死ねるのかどうかに関心を抱き、そして研究の焦点を医療スタッフ、家族、患者の社会的相互作用に当てたものです。終末期患者への態度や彼らへの関わり方について生じた大きな変化にきわめて重要な影響を与え、現在でも頻繁に引用されており本書の需要も依然として高く、医療・保健分野の実践家とくに看護師やシーシャルワーカーなどが手に取っているように思えます。また医療・保健の現場にいる実践家以外にも組織学習や専門知などの研究者からも評価を受けています。

春から参加しているゼミで指定された本書は私の実践にも通ずるものが多く驚いています。なかでも興味深いところは生物学的・医学的な立ち位置からの対応や対処では混沌としている社会的な状況に応じることは難しいが、しかし現場では彼らによって日々実践されているということです。

建築学的・工学的な観点からの住宅計画では、刻々と移り変わる家族の住まい方を捉えることは難しいと考える私が専門外でありながらも向き合う意味がここにあります。

2019.05.27

パリ協定

つい最近ですが建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律案が閣議決定されました。背景として2016年発効のパリ協定を踏まえた温室効果ガス排出量の削減目標の達成に向け住宅を含む建築物の省エネルギー対策が急務の課題となっています。概要としてはオフィスビル、マンション、戸建住宅に対する措置がいくつかあげられています。私たちが扱います戸建住宅においては設計者である建築士が住まい手にこれらの措置方法を説明する義務が与えられました。これでまたひとつ専門職責任がかぶさったというわけです。その措置方法は屋外から目視することは難しいのでなんとも言えませんが、これらをキチンと対応している建築士事務所や工務店はいるのかどうか市内をまわると疑問に思っていて。営業さんでは特にムリでしょうなぁ。単にうちは「高気密高断熱ですよ」とか「○△フランチャイズの加盟店ですからご安心ください」などの説明では用が足りないわけですから。

ダクト周りの気密テープ処理の様子。指示通りにキチンとテープ処理がなされています。OKです。

天井部と壁面部の気密シート施工後の様子。木下地材とシート材が干渉しないように、入隅部に若干のゆとりを持たせて収めることにしました。こちらも指示通りですね。OKです。細かな指示・状況による改善や改良など自社大工による利点を最大限に活かした家づくりですね。理想的です。

本日10:00より2階の天井材の仕上げ工事へと移ります。

2019.05.26

36℃。

自宅のエゴノキが満開です。

朝晩と日中の気温差が動的で建築的な措置では対応がむずかしい季節です。空調の電源を入れちょうど良い体感温度になった頃には日が沈み涼しい風が舞い込むっといったようなズレがそうさせるのです。

ただし暑さを遮る措置は空調だけではなく植栽やスダレのようなもので住宅を日差しから遮る対処方法も有効です。ですので敷地や資金やお手入れする気持ちなどに余裕があるようでしたらこれらもご検討ください。

暑い日でしたが夕食はスンドゥブを作りました。中央にインスタント麺は韓国のポピュラーな食材「サリ麺」です。サリ麺にスープが吸われてしまってイメージしていたスンドゥブではなくなってしまって・・・。

最後のシメに入れればよかったなと反省しています。(-。-;

2019.05.23

計画。

本日の業務は郡山市西田の家から。

そとん壁の上塗り材をかくはん機でマゼマゼしているところをパシャっと一枚。

左官職人が手に持つ道具はコテといいます。こんなちっこいヤツで大きな壁をスイスイっと仕上げる技術素晴らしいと思うのは私だけでしょうか。

右側がほぼ仕上がった状態。左側はここから下塗り材、上塗り材とコテで塗ります。写真に見える金網状態の部分に塗り壁材がひっかかり且つ強度を高めるのです。この状態は当日の気候変動にあわせ、塗り壁の範囲を計画しているためこの写真のように右半分は仕上がり、左半分は下地状態となっているのですね。

パスタの束のようなこの材料はパネルヒーターの温水が通る管です。水道工事などの上水道を通す管は白色の管を使用します。ここでは詳しくは述べませんが酸素通過を遮る特殊な加工が施されているため高価な代物です。

パネルヒーターはその宅ごとに設計していきます。お部屋や窓の大きさ、お部屋の東西南北位置、お部屋の用途など考慮しあなたのためだけに制作する暖房機なのです。

このほか1階LDKの床板施工がはじまっています。

床板の小口に83,87,88…と番号が割り当ててあります。以前ご紹介しましたが、工場で床板一枚一枚に番号を振り分け、それに従って現場でトントンと貼っていくわけですね。

「こーみえても、ぶっつけ仕事じゃねーからな!!」きちんとした計画のもとにおいて施工されているのですね。

次は場所を移動しまして郡山市静御前です。あらためまして静御前堂にご挨拶してから現場に向かいます。

源義経を慕って奥州へ下り、悲しみのあまり池に身を投じた静御前の御霊を祀ったお堂。現在のお堂は、クギを一本も使わずに、天明年間に改装されたもの。毎年3月28日には「静香御前堂例大祭」が開催。

氏神さまにご挨拶してから現場に到着。地面の高さを測る機器を準備して、さぁはじめましょうか。

専用機器による測定は確かなものですよね。客観的で。計画を円滑に進める上で事前調査は必須でございます。1時間強の作業でした。

郡山市静御前の家から湖南町を経由して会津若松市飯寺の家へと向かいます。

現場では気密シートの施工中。気密が保たれていればシートの張り具合やテープ処理などは二の次で良いのですが、彼も職人なんでしょうね、キチンとした仕事をしたいといったこの現場観、ビンビンと伝わってくるじゃありませんか。これまでのキツイ修行期間を体得した彼の哲学なのでしょうね。

今日の仕事を終え自宅へと向かいます。近所の小学校と夕焼けの写真をパシャりと一枚。キレイですよね。フランスのモンサンミッシェルのようですよね。私の写真の撮り方が良いのかもしれません。

今晩は子供たちの運動会や中間考査などひと段落しましたので中庭でちょっとした打ち上げをしました。

モスバーガーであれこれ購入し、家族で食べ比べしながら近況を報告し合って来週の計画をながら1日を終えました。

 

 

 

1234...»

Entry

Category

Archive